車検について知っておきたい常識や基本知識について

車検をする理由はなにか

自動車を所有している人は何かとお金がかかると感じているのではないでしょうか。自動車は、購入後全くお金がかからないとすれば乗っていない状態が続いている時です。走ればガソリンを消費しますし、定期的な点検も必要になります。毎年の税金の支払いも忘れてはいけません。そして、購入後に一番お金がかかるのはやはり車検ではないでしょうか。車検は、自動車の整備不良による事故を防ぐためにおこなうものですので、必ず受けなければなりません。

車検を受ける間隔は?

では、車検を受ける間隔はどの程度でしょうか。これは、新車で購入した場合と、それ以外の場合に分かれます。まず、新車を購入した場合には、購入後3年で車検を受けなければなりません。日本の自動車会社は信頼度が高いですので、新車で購入した場合は、定期点検さえ行っていれば、整備不良による事故が起こる可能性はほぼないと考えているからです。それ以外の車は2年おきに車検になります。古い車でも2年間隔で車検を行う点は変わりません。

車検を受けないとどうなるか

では、車検を受けないとどうなるでしょうか。金銭的に余裕がない人はできるだけ車検を受けたくないでしょう。もちろん受けなければなりませんが、もし、車検を受けなかったとすれば、公道を走ると免許証の点数が6点減点されるだけでなく、懲役1年以下か50万円以下の罰金になります。10万円そこいらのお金をけちって罰金50万円以下を払ったり、懲役刑を科させるのはばかばかしいですね。もし、車検を受け忘れてしまった場合には、仮の免許を申請してもらう必要があります。

日本の法律では道路を走る車は2年に1回、新車は初回3年に1回、車検といって自動車の整備、点検を受ける必要があります。主にガソリンスタンド、ディーラーで行っています。